2014-10-22 日本語版の週刊

中国知的財産権,[Comprehensive Reports]

2014-10-22 日本語版の週刊.doc

 

1、カンバース、31社を提訴
ナイキ傘下の年売間上17億ドルのブランドとして、カンバースは模倣品からかなり害を受けている。先日、カンバースの大ヒットしたキャンバスシューズ「ChuckTaylor All-Star」シリーズについて、カンバースはニューヨーク東区連邦裁判所に、商標権侵害、偽商標の使用、不正競争、商標の希釈化等として、H&M、ウォルマート、ラルフローレン等31社の会社を提訴した。カンバースによると、このシリーズのシューズは1917年にデザインされ、1932にバスケプーレーアのChuck Taylorの名前で命名されたことがわかった。過去の2年間、カンバースはこのシリーズだけに3000万ドルの広告伝費用を投入したという


2、中国、「作品保管」プラットホーム提供開始
10月13日、中国版権保護中心は、著作権者が即時、便利に作品完成の証明をもらえるための「作品保管」という新しい版権オンラインサービスを始めた。同時に、著作権者の公表された作品の保管服務規則、取り扱い手順、作品保管プラットホームの提供も開始した。作品保管プラットホームは、申請、費用支払い、入庫、出庫、取り出し、継続保管、インフォメーション公告などの機能を持ち、2営業日以内に作品の保管を完成させることができる。中国版権保護中心は国家級の版権公共服務機構として、作品保管サービスの提供し、作品の創作、使用、流通という過程の中で即時に証明を発行することにより、著作権者の権利を支持しているという。


3、中国、ISO侵害に対する連携システムを作る要望が高まった
10月21日に、国家質検総局、国家版権総局、国家標準委員会が共催の「推進国際標準版権保護工作座談会」は北京で開催された。会議の内容によると、中国国家標準委員会は国際標準化機構との海賊版製品の情報と証拠についての交流を強化するため、すでに当該機構と交流システムを作った。しかし、今のインターネットにおける国際標準についての侵害行為は非常に複雑で、会議の参加者は、ISOと加盟国との交流と連携を強化し、国際標準侵害行為をなくすため、ISOの枠内において各国の標準化機関の間で連携システムを作り出すことは必要だと指摘した。  


4、奇虎360対テンセント事件 終審で決着
10月16日に、奇虎360が独禁でテンセントを提訴した事件について、終審判決は下された。奇虎360は2012年11月に広東省高級人民法院に、テンセントがインスタントメッセンジャソフト市場における支配的地位を濫用したとして提訴した。2013年3月20日に、広東省高級人民法院は一審判決を下し、奇虎360の請求を棄却した。その後、奇虎360は不服として、最高人民法院に控訴し、1.5億元の損害賠償を求めていた。2013年11月26日に、控訴審は最高人民法院で始まった。それから1年を経て、最高人民法院は終審判決を下し、一審判決が事実の認定について適当でないところがあるが、法律適用が正確で、判決も適当であるため、原審判決を維持した。

 

Member Message


Only our members can leave a message,so please register or login.

International IP Firms
Inquiry and Assessment

Article Search

Keywords:

People watch

Online Survey

In your opinion, which is the most important factor that influences IP pledge loan evaluation?

Control over several core technologies for one product by different right owners
Stability of ownership of the pledge
Ownership and effectiveness of the pledge