2014-11-26 日本語版の週刊

中国知的財産権,[Comprehensive Reports]

2014-11-26-日本語版の週刊.doc

 

1、中国違法模倣事件、新特徴が出現

中国打撃侵権仮冒工作領導小組弁公室の副主任柴海涛は、国務院新聞弁公室が21日に行った記者会見で、今年の一月から九月まで、全国行政執法部門は知的財産権の侵害事件、及び違法模倣品・粗悪品の生産・販売事件を合計11.27万件解決し、1938か所の違法模倣品・粗悪品の生産販売の拠点を潰したと示した。目下の権利侵害行為と違法模倣行為は、三つの新たな特徴を持っている。一つ目は、違法行為は多くの人または団体に協力してなされており、原材料提供―生産―加工―販売という「産業チェイン」が形成されいること。二つ目は、多発場所は実体がある市場からインターネットへ転換していること。三つ目は、活動する地域は農村、城郷結合部(都市と農村の隣接地域)に集中していること。これらの新しい特徴により、中国における違法模倣行為は隠蔽性、複雑性を持つようになっており、法律を執行するために、政府部門間の協力が必要であると指摘されている。


2、英語版「中国専利案例精読」を出版へ

商務印書館は先日北京で英語版の「中国法走出去叢書」シリーズの本の出版について発表した。このプログラムは国家助成による交流プログラムであり、その目的は、中国優秀な法律関連の書籍を英語に翻訳し、全世界においての出版を通じ、法文化の国際交流を促進することである。このシリーズの推奨本の一冊として、判例に関する「中国専利案例精読」は、2013年に商務印書館に出版された中国第一世代の知財法専門の裁判官の著書であり、中国特許制度の発展を総合的に紹介した上、20件の有名な事件を精選し、その法理を解読し、中国特許法の内容を明らかにした中国特許法の入門書である。この本を通じ、中国特許制度の基本現状、特に制度の構造と法律原理がわかる。オランダのウォルターズ・クルワ―傘下のKLIは2014年にこの本の英語版を出版する予定である。


3、「LINCOLN」商標出願失敗

先日北京市第一中級人民法院は、リンカーンシリーズ自動車の製造・販売者であるアメリカフォード社が国家工商総局商標評審委員会を提訴した訴訟について、一審判決を下した。2012年9月に、国家工商総局商標局は「類似」を理由として、フォード社の「LINCOLN」についての商標出願を拒絶した。フォード社は商標覆審を求めたが、商標評審委員会は請求を却下した。その後、フォードは不服として、北京市第一中級人民法院で行政訴訟を提起した。審理した結果、法院は商標評審委員会の却下決定を維持する一審判決を下した。

 

Member Message


Only our members can leave a message,so please register or login.

International IP Firms
Inquiry and Assessment

Article Search

Keywords:

People watch

Online Survey

In your opinion, which is the most important factor that influences IP pledge loan evaluation?

Control over several core technologies for one product by different right owners
Stability of ownership of the pledge
Ownership and effectiveness of the pledge